HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

家庭菜園で安心な食事を手にしました。

季節の旬なものは高額ですが食べておきたいです。時期によっては普段安いものが倍以上の価格になっていたり、野菜が天候によって獲れが悪かったりと手が届かない時もあります。そんな時に少しでも家計を支えることが出来るのは、家庭菜園です。トマトやきゅうりは学校でも育てたことがある方も多いと思います。水をやって、日に当たるように鉢を動かしたり、虫を駆除したり決まりごとを守っておけば簡単に育っていきます。お子様がいる家であれば、一緒に育てていくとコミュニケーションを取るにも最適です。肥料を与えるタイミングなどを知ることが出来るとお店に売っている物に負けないほどおいしい作物が出来ます。一度作るとはまるのでおすすめです。

応援企業

大塚和成は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 大塚和成
WEBサイト 大塚和成 オフィシャルサイト
会社案内 OMM法律事務所は、“Client First”という基本理念と、そのような弁護士としての理想を共有できるメンバーと共に、「強さ」を追求し、クライアントの最善の利益を実現していきたいと考えています。 大塚和成氏が関わった案件では、21LADY(名証セントレックス)おける委任状争奪戦(上場企業の株主総会において創業者社長の再任議案が否決された事例・提案株主側)(2018年)。 経営支配権争いを中心とした会社訴訟・非訟において多くの著名事件を成功に導く。 2015年『Q&A平成26年改正会社法〔第2版〕』(金融財政事情研究会)、『内部統制システムの法的展開と実務対応』(青林書院)。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。